trip to 門司港

旅育キロク

先日、福岡県門司港に旅行してきました。今回は、夫は留守番で私の母と子供たちの3世代旅行です。

まず、一言。門司港の雰囲気が素敵すぎた。もっとゆっくりしたかった~泣

今回は、時間の都合で5時間程しかいられなかったけど、それでも雰囲気がすごくよくてただ散歩するだけで満足度も◎

半日あればある程度観光も楽しめるエリアだと思います。

けど、行けなかったところもたくさんなので、できれば1泊してゆっくり楽しみたいなぁ~と思う場所でした。

この動画で門司港の雰囲気が伝わればうれしいです。

門司港とは

九州最北端の港町。

JR門司港駅周辺地域に残る外国貿易で栄えた時代の建造物を中心に、ホテル・商業施設などを大正レトロ調に整備した観光スポットで、国土交通省の都市景観100選、土木学会デザイン賞2001最優秀賞を受賞している。(ウィキペディアより)

見どころ

門司港駅

鉄道駅舎として初めて国の重要文化財に指定されたJR門司港駅。

木造のホームはもちろん、旧切符売り場など構内も大正時代の姿が復元されていてとても雰囲気あります。スタバがあったけど、それすらもおしゃれ~♡

駅前には噴水広場があって、定期的に噴水が!

帰り際にちょうど噴水が出ていて、子ども達が入りたがったのですが、もう10月でひんやりとしていて旅先で風邪をひいてはいけないので、そそくさとその場を離れることにしました。。

けれど、噴水越しに見る門司港駅の駅舎はとても絵になるので、タイミングが合えばぜひ噴水もあわせて楽しんでみてほしいスポットです。

駅の中じっくり見たくなる素敵な建物です。

跳ね橋 ブルーウィングもじ

全国で最大級の歩行者専用はね橋。

関門大橋や海を見渡せる場所に架かっていて、景色も抜群。「恋人の聖地」に認定されいて恋人と渡ると幸せになれると言われています。

1時間に1回、橋があがるのでその間は橋を渡ることができません。海峡プラザなど迂回すれば移動可能です。

  • 開橋時間 10:00 / 11:00 / 13:00 / 14:00 / 15:00 / 16:00
  • 閉橋時間 10:20 / 11:20 / 13:20 / 14:20 / 15:20 / 16:20

海峡プラザ

門司港レトロの中心にあるのが海峡プラザ。

焼カレーや瓦そばなどご当地グルメが楽しめるレストランや雑貨店、海産物店、お土産店などが立ち並ぶ複合商業施設。

門司港はバナナの叩き売り発祥の地らしく、バナナ関連のお菓子、スイーツもたくさんありました。

占いやオリジナルが作れるオルゴールショップもありましたよ。

九州鉄道記念館

うちの息子は電車が大好きな子鉄くんのため、門司港旅行を決めた目的がここでした。

他の鉄道博物館と比べると規模感は小さめで、1時間ほどあれば見て回れるサイズ感でした。

まず、入口入ってすぐに縦にずらっとならぶ九州の名車の数々。電車のホームのように電車が並んでいて、間近で見ることができます。(一部車両は電車の中も見れたよ)

これだけでテンションがすごいあがる息子。

興奮冷めやらぬ間に館内も見学。運転シュミレーターが60分待ち!!

土曜日に訪問したけど全体的に空いていて展示も見やすかったけど、シュミレーターだけは人気で待ち時間が長くなる模様です。入館したら、まずシュミレーターの待ち時間の確認と受付を済ませてから他を見て回るのがよさそうです。

そして、シュミレータの更に奥にあるのが大きなジオラマ。九州の人気車両が一斉に発車するショーは必見!ですが、これも上映時間が決まっているので、まず上映時間を確認して、その時間に合わせて他を見て回ることをお勧めします。

プラレールで遊べるキッズスペースもあったけど、せっかく門司港まで来たことだし、他の観光に時間を使いたかったから、息子が渋る前にさっと他の場所へ誘導しておきました笑

それが、屋外のミニ鉄道公園。

ゆふいんの森やソニック、かもめなど九州の人気な電車たちがミニサイズに!!

めっちゃかわいい♡これ、子供たちが自分で運転できちゃうの♡しかも1回300円。ほぼ待ち時間なし。

息子も運転席に座って、いざ発車!めちゃくちゃご満悦だったようです。

ミニ鉄道1回300円だけど、入館料自体が大人300円、4歳まで無料でめっちゃ安くて、その分乗りたい電車がいくつかあってもおかわりもイイヨイイヨ~って許せちゃうようなコスパ◎な子鉄スポットでした!

北九州銀行レトロライン潮風号

九州鉄道記念館の前には観光トロッコ列車の駅があります。

土日祝限定ですが、予約不要で気軽に乗れるトロッコなので、日にちが合えば是非乗ってみてね。

日本一遅くて(時速15km)、日本一短い距離を走る観光列車らしく、ゆっくりのんびりと景色を楽しむことができます。

九州鉄道記念館駅から乗る場合は、おすすめの座席は進行方向左手側。門司港レトロも関門海峡も見どころはすべて左側に集中。座席指定はなく、基本的には先着順のため、混雑状況を見つつ早めに並んでおく必要があります。(もちろん反対側の座席からでも景色は楽しめますが…)

九州鉄道記念館から門司港レトロの中心地を通過して、めかり地区へ。

途中のトンネルでは、屋根にイラストが現れる幻想的な場面も。

終点の関門海峡めかり駅には、電気機関車の静態保存やこどもの遊べる公園があります。

10分ほど歩けば、関門海峡海底人道トンネルもあります。半日観光であれば、なかなかそこまで楽しむ時間はないかもだけど、時間に余裕があればあわせて是非楽しみたい有名スポットですよね。

一度は、本州と九州の境目を跨いでみたいっ!!

こちらのトロッコは、大人片道300円往復600円です。

※鉄道記念館や出光美術館の入館券があれば100円割引してもらえます。

その他…

子連れ&時間の都合で今回は回れなかったけど、他にも観光スポットがたくさん

  • 関門海峡ミュージアム
  • 旧大阪商船ビル
  • 旧門司税関
  • 旧門司三井倶楽部

とにかく建物の外観が全部おしゃれ。いつかまた来てゆっくり過ごせたらな~と思ってます。

子連れだとなかなかゆっくり見て回れないから…子供たちが大きくなったもうしばらく先になるかなぁ。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました